日本で働く!!~コンビニバイト編~

  1. JOB Accessトップ
  2. ブログ一覧
  3. 日本で働く!!~コンビニバイト編~

日本で働く!!~コンビニバイト編~

★コンビニスタッフ

★コンビニスタッフ
街のいたるところで見かけ、日々の生活でも利用することが多いコンビニエンスストア。
そんな身近な存在であるコンビニですが、業務内容はどのようなものがあるのでしょうか。

①レジ業務
コンビニにおいて一番代表的な業務。
お買い物をされるお客様のお会計が主ですが、
現在のコンビニではその他にも、公共料金や携帯電話料金の支払い、
宅配便の受付、チケットの発行など、さまざまなサービスを行っています。
また、お客様が気持ちよくお店を利用できるように、円滑なコミュニケーションをとる必要があります。

②品出し
足りなくなった商品をバックヤードから補充したり、
奥にいってしまった商品を前に出して、
お客様がお買い物をしやすいように常に心掛けます。

③フライヤー(揚げ物)や中華まんの調理
コンビニでは簡単に調理できる食べ物を店頭で販売しているケースが多いです。
フランクフルトやフライドチキン、中華まんやおでんなどを調理し、
すぐに販売できる状態にしておきます。
店舗によってはオーダーを受けてから調理する場合もあります。

④その他
お客様が利用されるスペースやトイレの清掃やゴミ出しなど、
その他細かい業務があります。
タバコを取り扱っている店舗では、それらの販売も行います。
また、通常は店長や社員が担当することが多いですが、
経験を積んだアルバイトスタッフが商品の発注業務などを任されるケースもあります。

★メリット・デメリット

コンビニスタッフとして働く際のメリット、デメリットを見ていきましょう。

メリット
 ・自由な時間に働くことができる
   現在多くのコンビニは24時間営業を行っているので、その中からシフトを選択し、
   学業やプライベートに合わせて働くことができる場合が多いです。

 ・一度業務を覚えてしまえば、他の店舗でも応用が利く。
   例えば、一度セブンイレブンでの業務をマスターしてしまえば、
   引っ越しや転勤などでその店舗での業務が困難になってしまった場合でも、
   他の店舗でもすぐに即戦力として雇用される場合が多いです。
   ※各店舗ごとにお店のルールなどが存在することがあるので、その場合は都度確認する必要があります。
   ※大まかな業務は変わりませんが、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどコンビニの種類によって、
    レジの操作などが異なります。

デメリット(注意点)
 ・混雑時
   例えば駅前などの店舗で勤務する場合は、出勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間帯には
   混雑が予想されます。その時間帯にシフトが入る場合は、より効率的に業務をこなすことが求められます。

 ・日本語レベルの問題
   コンビニの業務と接客を切り離すことはできません。お客様とコミュニケーションをとる際に、
   ある程度の日本語レベルは必須となってきます。例えば、お客様がお弁当を購入された時には、
   「お弁当あたためますか?」「袋をお分けしますか?」などのお声がけをします。
   日常会話(N3)レベル以上の日本語レベルがあることが望ましいです。

★まとめ

どうだったでしょうか? バイトの代名詞といっても過言ではなく、
簡単なイメージがあるコンビニバイトですが、意外とやることが多く、
混雑する時間帯ではこれらの業務をスピーディーにこなすことが
求められるので、思ったよりも大変なことがあるかもしれません。
しかし、人と接することが好きだったり、日本語の上達を望んでいる人にとっては
オススメの業種です!
また、コンビニで働くことを考えてる方で不安に思う点がある方は、
一緒にその不安を解消していこうと考えているので、ぜひご連絡をお待ちしています!